外付けハードディスクの故障と対策

外付けハードディスクの場合

スポンサードリンク

外付けハードディスクの故障と対策

ハードディスクトラブル,バックアップ,データ,HDD,ファイル名,保存

パソコンを使っていたら、突然、外付けのハードディスクへの書き込みができなくなりました、何度か外付けハードディスクへのアクセスを試みました、でもアクセスできません、そうするうちに、パソコンがフリーズしてしまいました。

 

パソコンを再起動し、マイコンピュータで外付けハードディスクを確認しようとしましたが、認識していません。

 

こういう場合、一見外付けハードディスクがトラブルの原因のように思えますが、実はそうとは言い切れない場合があります。

 

たとえば、パソコン本体と外付けハードディスクを繋いでいる接続ケーブルの異常が考えられます、この場合は、ケーブルの差し直しあるいは、交換で直る事もありますが、これでも直らない場合、いろいろな原因が考えられます。

 

原因が、外付けハードディスクにあるのかどうかを見極めるには、まず外付けのハードディスクからハードディスクドライブ単体を取り出し、内蔵ハードディスクを接続しているIDEケーブルで接続します、この時、セカンダリあるいはスレーブにIDEケーブルで接続します、パソコンなどの設定を行った後、BIOSレベルで、接続したハードディスクが認識できればハードディスク自体は故障していないという事になりますので、ハードディスクに保存してあるデータを別のバックアップ用の記憶装置にコピーしてください。

 

上記の方法で、IDEケーブルで接続して認識できる場合はハードディスクドライブ自体は故障しておらず、外付けハードディスクのコントローラーが故障していると思われます。
このように、外付けハードディスクの場合、ハードディスクドライブ自体は故障していないのに、コントローラーが故障するという事も多いのです。

 

ただし、この方法は、ある程度の知識や工具などが必要となりますので、安易に外付けハードディスクを分解するより、業者さんに修理依頼した方が無難かもしれませんが、ドライブ自体のクラッシュが故障の原因なら、ハードディスクドライブを交換することで修理完了となる事が多く、中のデータは消失する可能性が高いことを覚悟しておく必要があります。


スポンサードリンク

外付けハードディスクの場合関連エントリー

クラッシュに備えるアイテム
ハードディスクは、大切なデータを保存する故障しやすい記憶装置です、ハードディスクのクラッシュに備えるアイテムを紹介。
大切なデータのバックアップ
データの復旧を業者に依頼するとどんなに安いところでも数万円の覚悟が必要、外付けのHDDでも買ってバックアップをやっておけば良かったと思った時は手遅れです。
HDバックアップのコツ
外付けハードディスクにデータをバックアップし、ハードディスクを初期化して再インストールした後、外付けハードディスクにバックアップした設定ファイルをコピーすれば、設定をし直さなくても元の環境に戻す事ができれば
クラッシュ時のデータ保護
ハードディスクのクラッシュで、重要なデータが消えてしまう、使えなくなってしまうというのは、ダメージが大きなものです。
丸ごとコピーでクラッシュ回避
RAIDはハードディスクの内容をまるで鏡に映すように、別のハードディスクに丸ごとコピーする技術で、実践するには使用しているパソコンがRAIDに対応している必要があります。
クラッシュしそうか調べる方法
ハードディスクの良否判定、Linuxでは診断用のコマンドがあります。Windowsにも、フリーソフトがあります。これらを使いこなして、ハードディスクのクラッシュを未然に防ぐ事はできないのか。

ホーム RSS購読 サイトマップ