クラッシュしそうか調べる方法

クラッシュしそうか調べる方法

スポンサードリンク

ハードディスクがクラッシュしそうか調べる方法

ハードディスク,クラッシュ,調べる,ツール,スキャンディスク

パソコンを使っていると「カランカラン」などの異音がするといった経験はありませんか、単にハードディスクが読み込みをしているだけなら問題はありませんが、ハードディスクの異音は、やはり心配です、故障だったらと思うと安心してパソコンを使う事もできません。

 

いつかクラッシュしてしまうのではないかとビクビクしながら使っているのっていやですよね。

 

クラッシュに怯えながら使うのは嫌だ、そこで、何か故障の可能性を知らせてくれるツールなどがあればと考えます。

 

スキャンディスクやOSのレポートなどでは、ハードディスクの良否判定まではしてくれません。

 

スキャンディスクなどのOSに付属のディスクの管理関連のソフトは不良セクタなどの検出、修復ができるので、前記の良否判定のソフトに該当すると思いがちですが、これを頻繁に行うとディスクが傷つくなど更に深刻な状態になる可能性もあります。

 

Linuxでは診断用のコマンドがあります。以下にURLを記述しておきますので参考にしてみてください、Linuxのある程度の知識がないと意味不明かも解りませんが興味のある方はどうぞ。

 

・http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/521smartinfo.html

 

Windowsにも、「HDD Smart Analyzer」というフリーソフトがあります。

 

・http://www.mijimari.com/hddanalyzer.htm

 

この他にも、有料の物、無償の物など、いろいろありますので、ご自分で調べてみるのもクラッシュに対する知識が増え、今後のためになるかもしれません。

 

これらのソフトに頼らなくても、常に、ハードディスクのバックアップを心がけていれば、いざという時に、慌てなくて済むだけでなく、大切なデータの損失を免れるといった大きなメリットもあります。


スポンサードリンク

クラッシュしそうか調べる方法関連エントリー

クラッシュに備えるアイテム
ハードディスクは、大切なデータを保存する故障しやすい記憶装置です、ハードディスクのクラッシュに備えるアイテムを紹介。
大切なデータのバックアップ
データの復旧を業者に依頼するとどんなに安いところでも数万円の覚悟が必要、外付けのHDDでも買ってバックアップをやっておけば良かったと思った時は手遅れです。
HDバックアップのコツ
外付けハードディスクにデータをバックアップし、ハードディスクを初期化して再インストールした後、外付けハードディスクにバックアップした設定ファイルをコピーすれば、設定をし直さなくても元の環境に戻す事ができれば
クラッシュ時のデータ保護
ハードディスクのクラッシュで、重要なデータが消えてしまう、使えなくなってしまうというのは、ダメージが大きなものです。
丸ごとコピーでクラッシュ回避
RAIDはハードディスクの内容をまるで鏡に映すように、別のハードディスクに丸ごとコピーする技術で、実践するには使用しているパソコンがRAIDに対応している必要があります。
外付けハードディスクの場合
外付けハードディスクのトラブルの原因が、外付けハードディスク自体にあるのか、それ以外にあるのかを判断する必要がありますが、その方法と、注意事項を考えてみましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ