クラッシュ時のデータ保護のために

クラッシュ時のデータ保護

スポンサードリンク

ハードディスクがクラッシュした時のためにデータの保護に備える

ハードディスク,クラッシュ,データ,修理,バックアップ

ノートパソコンでもデスクトップパソコンでも何年も使っていると、ハードディスクのクラッシュが心配になります。
全く知識のない人ならともかく、クラッシュの知識がある人なら、経験がなくてもクラッシュという言葉が頭の片隅を過ぎる事があるのではないでしょうか。

 

クラッシュしてハードディスクが壊れてしまったら、あっさりパソコンごと買い換える人や、ハードディスクを交換する人もいるでしょうが、どうしてもハードディスクの中身が必要で、データの復元を業者に依頼する人もいると思います。

 

データの復元を業者に依頼した場合、ディスクのデータを業者に見られてしまうという不安があります、他人に見られたくないデータが、ハードディスクを修理に出しても見られない方法はないでしょうか。

 

ハードディスクがクラッシュしたらデータを復元するのは、かなり難しいと考えなければいけません、その困難な作業をしてまでハードディスクの中身を見ようとする人は、まずいないでしょうが、専門の業者は、復元作業のために中身を確認すると考えられます。

 

クラッシュすれば、ハードディスクは壊れているので交換する必要があります、ハードディスクは廃棄処分することになります。

 

しかし、ハードディスク以外が壊れて修理に出した場合は話が違ってきます、修理が完了してパソコンが正常に動けば当然誰でもハードディスクの中身を見る事ができるのですから。

 

でも、ハードディスク以外の故障で、修理に出した場合、パソコンが正常に立ち上がるか、修理に関連したハード部分がちゃんと動作するかのテストをするくらいで、中に入っているデータを隅から隅まで確認するわけではないでしょうから、そんなに心配しなくてもいいと思います。

 

ハードディスクのクラッシュで、重要なデータが消えてしまう、使えなくなってしまうというのは、精神的ダメージが非常に大きなものです。

 

クラッシュでハードディスクが壊れても、大切なデータをなくさないためにも外付けのHDDやDVD、CDなどにバックアップを取っておく習慣をつける事が大切です。

 

最近のOSは、LAN接続が非常に簡単になっている事もあり、パソコンを買い換える時に古いパソコンを下取りなどに出さず、バックアップ用に使うという方法もあると思います。


スポンサードリンク

クラッシュ時のデータ保護関連エントリー

クラッシュに備えるアイテム
ハードディスクは、大切なデータを保存する故障しやすい記憶装置です、ハードディスクのクラッシュに備えるアイテムを紹介。
大切なデータのバックアップ
データの復旧を業者に依頼するとどんなに安いところでも数万円の覚悟が必要、外付けのHDDでも買ってバックアップをやっておけば良かったと思った時は手遅れです。
HDバックアップのコツ
外付けハードディスクにデータをバックアップし、ハードディスクを初期化して再インストールした後、外付けハードディスクにバックアップした設定ファイルをコピーすれば、設定をし直さなくても元の環境に戻す事ができれば
丸ごとコピーでクラッシュ回避
RAIDはハードディスクの内容をまるで鏡に映すように、別のハードディスクに丸ごとコピーする技術で、実践するには使用しているパソコンがRAIDに対応している必要があります。
クラッシュしそうか調べる方法
ハードディスクの良否判定、Linuxでは診断用のコマンドがあります。Windowsにも、フリーソフトがあります。これらを使いこなして、ハードディスクのクラッシュを未然に防ぐ事はできないのか。
外付けハードディスクの場合
外付けハードディスクのトラブルの原因が、外付けハードディスク自体にあるのか、それ以外にあるのかを判断する必要がありますが、その方法と、注意事項を考えてみましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ