大切なデータのバックアップ

大切なデータのバックアップ

スポンサードリンク

なぜ、大切なデータのバックアップをしないの

ハードディスク,クラッシュ,バックアップ,データ,復旧

ハードディスク(HDまたはHDD)はパソコン部品の中でも壊れやすい部類に属します、したがって、使用頻度や環境にもよりますが、使っているとまず間違いなく故障すると言っても過言ではありません。

 

ハードディスクの故障、特にクラッシュは、致命的なトラブルで最悪の場合、ハードディスクに記憶されているデータは失われてしまいます。

 

クラッシュしたハードディスクのデータを復旧させるのに、データ復旧ソフトを使う事がありますが、100%復旧が可能というわけではありません、なぜなら、復旧ソフトがハードディスクを確認できる状態である事が前提で、クラッシュによりハードディスクが全く機能しなくなったのでは、復旧ソフトがその役目を果たす事ができないからです。

 

このことからも察しが着くようにハードディスクは、クラッシュという大きなトラブルに見舞われるとその中のデータを諦めなければいけなくなる事が多々あります、だから普段から掛け替えのないデータを保護するためにもバックアップが大変重要なのです。

 

バックアップを定期的に行うように設定すれば、手間も時間もかかりません。

 

ハードディスクはクラッシュすると修理できないと思って使ってください。
パソコンが故障して修理に出して、ハードディスクが原因なら交換することで修理される事が殆どです、当然、データは失われ、復旧は不可能となります。

 

ハードディスクは買い換えれば新しい物に交換できますが、時間や労力を掛けて蓄積したデータは、消滅してしまいます。

 

特に、自分で作り出した物ではない、旅行の思い出の写真などは、失ったらもう二度と戻ってこない大きな損失となるでしょう。

 

ハードディスクは少しの振動や衝撃で壊れる事があります、特に、動かす事を前提としていないデスクトップパソコンのハードディスクは、振動や衝撃に弱いと考えるべきです、そのためにも、CD、DVD、外付けのHDDなどの記憶装置を用意してバックアップを取る事が非常に大切なのです。

 

パソコンの性能にもよりますが、バックアップをしているとまともにパソコンを使えないくらい重くなってしまう事があります、それが煩わしくてバックアップが完了する前にバックアップを終了してしまったりするものですが、再作成可能な書類などは作成すれば元に戻ることもあるでしょうが、写真画像や映像は消えてしまうと、もう取り戻せなくなってしまう場合が多いのではないでしょうか、データの復旧を業者に依頼するとどんなに安いところでも数万円の覚悟が必要です。

 

数万円も払うのなら、外付けのHDDでも買ってバックアップをやっておけば良かったと思った時は手遅れです。

 

あなたのクラッシュ対策は大丈夫ですか。


スポンサードリンク

大切なデータのバックアップ関連エントリー

クラッシュに備えるアイテム
ハードディスクは、大切なデータを保存する故障しやすい記憶装置です、ハードディスクのクラッシュに備えるアイテムを紹介。
HDバックアップのコツ
外付けハードディスクにデータをバックアップし、ハードディスクを初期化して再インストールした後、外付けハードディスクにバックアップした設定ファイルをコピーすれば、設定をし直さなくても元の環境に戻す事ができれば
クラッシュ時のデータ保護
ハードディスクのクラッシュで、重要なデータが消えてしまう、使えなくなってしまうというのは、ダメージが大きなものです。
丸ごとコピーでクラッシュ回避
RAIDはハードディスクの内容をまるで鏡に映すように、別のハードディスクに丸ごとコピーする技術で、実践するには使用しているパソコンがRAIDに対応している必要があります。
クラッシュしそうか調べる方法
ハードディスクの良否判定、Linuxでは診断用のコマンドがあります。Windowsにも、フリーソフトがあります。これらを使いこなして、ハードディスクのクラッシュを未然に防ぐ事はできないのか。
外付けハードディスクの場合
外付けハードディスクのトラブルの原因が、外付けハードディスク自体にあるのか、それ以外にあるのかを判断する必要がありますが、その方法と、注意事項を考えてみましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ