クラッシュに備えるアイテム

クラッシュに備えるアイテム

スポンサードリンク

ハードディスクのクラッシュに備えるアイテム紹介

ハードディスク,クラッシュ,記憶装置,ドライブ,容量

クラッシュは、突然やってきます、その原因は、ハードディスク内にあったり、外部にあったりします、それは、殆どの場合容易に予測できません。
予測できないトラブルだからこそ、そのための準備が必要です。

 

その準備とは、バックアップを取っておくという事です。

 

バックアップには、パソコン内のハードディスク意外に記憶装置が必要です。

 

比較的簡単に扱える記憶装置には、「DVD-RAM」「DVD-R/RW」「DVD-ROM」「CD-R/RW」「CD-ROM」などがあります。

 

これらは、光学ドライブに分類される記憶装置です、これらについて少し調べておきましょう。

 

DVD-ROMとCD-ROMは、ROMという文字の通りRead Only Memoryで、読み込み専用の記憶装置です。

 

バックアップには書き込み可能な記憶装置が必要なので、コンボドライブと表示されているものかCD-RW/DVD-ROMのように表示してあるものを買うようにしてください。

 

写真や映像など比較的大きなデータを扱いたいのであれば、DVDの編集が可能な、DVD-RWもしくはDVDマルチの表示を確認して購入する事をお勧めします。

 

DVDに関しては、ブルーレイ再生が可能なドライブも安く手に入るようになってきているので、長く使う事を思えば一考の価値はあるかもしれませんね。

 

通常、デスクトップパソコンのハードディスクは3.5インチ、ノートパソコンのハードディスクは2.5インチのものが内蔵されています。

 

外付けと内蔵のハードディスクは、基本的には同じものですが、パソコンへの接続方法や使用目的が違うのが一般的です、外付けの場合はUSB接続、内蔵の場合はIDEやATA接続、最近では内蔵型の主流がSATA(シリアルATA)になってきています、また、外付けでもUSBに加えてLAN接続できるものも多くなってきました。

 

大きなデータ、例えば、映像の処理などをしている人にとっては、内蔵ハードディスクの容量が足りなくなるケースがあります、こんな時、外付けハードディスクが非常に便利です。

 

上記以外にも、FDD(フロッピーディスクドライブ)は昔から使われている記憶装置ですが、容量が少ないため最近のソフトで使われる大きなデータの保存媒体としては不向きですが、小さなテキスト文のデータの持ち歩きなどには非常に便利です。

 

記憶媒体としては余り一般化していないようですが、MOドライブというものもあります、FDDに比べて記憶容量が大きいのでバックアップには向いています、ディスクの記憶容量は128MB〜1GBなど幅がありますので使用目的で選べるのもある意味便利かもしれませんね。


スポンサードリンク

クラッシュに備えるアイテム関連エントリー

大切なデータのバックアップ
データの復旧を業者に依頼するとどんなに安いところでも数万円の覚悟が必要、外付けのHDDでも買ってバックアップをやっておけば良かったと思った時は手遅れです。
HDバックアップのコツ
外付けハードディスクにデータをバックアップし、ハードディスクを初期化して再インストールした後、外付けハードディスクにバックアップした設定ファイルをコピーすれば、設定をし直さなくても元の環境に戻す事ができれば
クラッシュ時のデータ保護
ハードディスクのクラッシュで、重要なデータが消えてしまう、使えなくなってしまうというのは、ダメージが大きなものです。
丸ごとコピーでクラッシュ回避
RAIDはハードディスクの内容をまるで鏡に映すように、別のハードディスクに丸ごとコピーする技術で、実践するには使用しているパソコンがRAIDに対応している必要があります。
クラッシュしそうか調べる方法
ハードディスクの良否判定、Linuxでは診断用のコマンドがあります。Windowsにも、フリーソフトがあります。これらを使いこなして、ハードディスクのクラッシュを未然に防ぐ事はできないのか。
外付けハードディスクの場合
外付けハードディスクのトラブルの原因が、外付けハードディスク自体にあるのか、それ以外にあるのかを判断する必要がありますが、その方法と、注意事項を考えてみましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ