クラッシュの症状

クラッシュの症状

スポンサードリンク

クラッシュの症状は金属音とフリーズ

ハードディスク,クラッシュ,症状,再起動,フリーズ

ハードディスクがクラッシュする原因にはいろいろありますが、その症状もいろいろです、ここで、典型的な症状の一例を挙げてみましょう。

 

Windowsを起動し、エクスプローラが立ち上がろうとした時、いきなりフリーズしてしまう。

 

こんな時、大抵の方は少し様子を見ると思うのですが、いくら待ってもフリーズしたまま動こうとしない、当然、殆どの方は、再起動を考えると思いますが、ちょっと待ってください、耳を澄ますと、ハードディスクから嫌な金属音が聞こえてきています、この状態で再起動したら最後、Windowsの起動中にフリーズしてしまいます。

 

ハードディスクがクラッシュしたらWindowsの起動中にフリーズすることが多々あるのです。

 

Windowsが立ち上がらないのであれば、パソコンは全く役に立ちません、もし、手元に交換可能なハードディスクがあるのなら、パソコンの電源を落とし、ハードディスクを交換し、パソコンのマニュアルに沿ってリカバリーを施し、再起動してみましょう。

 

これで、正常に、Windowsが立ち上がるようなら、ほぼ間違いなく、ハードディスクはクラッシュしていると思われます、クラッシュだけがハードディスクの故障ではありませんが、異音がして、ハードディスクが読み取れなくなってパソコンがフリーズするとなれば、ほぼ間違いなくハードディスクがクラッシュしていると考えるべきでしょう。

 

交換して取り外したハードディスクをチェックしてみてください、ディスク基板のICチップが焼けていたり、コネクターが外れかけていたりしていますか、そんな様子がなければ、内部でヘッドがディスクを傷つけた、つまり、ハードディスクがクラッシュを起こしたと思われます。

 

ヘッドが、ディスクを傷つけるといっても、肉眼で確認できるような大きな傷が付いているとは限りません。

 

ハードディスクのクラッシュは、何年も使ったから起きるとは限りません、最近では、梱包方法や、ハードディスク自体の精度も良くなり殆どないと思われますが、運送時の振動や、衝撃でもクラッシュは起こりますし、購入したパソコンを箱から出す時に荒っぽく扱ったなど、新しいからといって安心はできません、ハードディスクに大事なデータを保存する時は、数週間の間、ハードディスクの動作を確認することもクラッシュからデータを守る一つの方法かもしれませんね。


スポンサードリンク

クラッシュの症状関連エントリー

急にパソコンの電源が落ちたら
パソコンが稼働中に、急にパソコンの電源が落ちたらハードディスクは、まず確実にトラブルを起こします、トラブルの大小はあるでしょうが、最悪の場合パソコンが使えなくなってしまうかもしれないのです。
クラッシュを未然に防ぐために
ハードディスクは、大変デリケートな機械です、そのためクラッシュはいつ起きるかわかりません、しかし、クラッシュの原因がわかれば未然に防げるのではないでしょうか。
HDDのクラッシュと寿命
ハードディスクには、寿命があるのでしょうか、消耗品と考えるべきハードディスクですから、当然、交換時期などを知っておきたいものですが、寿命とは関係なくクラッシュは起きる可能性のあるものです、気をつければ防げるクラッシュの原因についても知っておきましょう。
クラッシュの予兆と対策
ハードディスクの動作がおかしい、いつもと違うと思われる節があれば、早急に対策を講じる事をお勧めします。 そして、その対策とは。

ホーム RSS購読 サイトマップ