ハードディスクのクラッシュ

ハードディスクがクラッシュしたら

スポンサードリンク

ハードディスクのクラッシュ

ハードディスク,トラブル,データ,HDD,クラッシュ

HDDがクラッシュすると、いつものように、パソコンの電源を入れたら、カチャカチャ、ビービーなど異音が出たり、「OSが見つかりません」などのメッセージが出てパソコンが立ち上がりません。
こんな時、多くの人はキーボードをカチャカチャとたたいたり、電源を入れ直したりするのではないでしょうか。
HDDのクラッシュは、いつ起こるか分からないし、誰にでも起こるHDDのトラブルです。
パソコンに詳しくない人は、どうすればいいのか全くわからず、人によってはパニクってしまうかもしれません。
ハードディスクのクラッシュで、一番困ることは今まで蓄積したデータが取り出せなくなってしまうことです。
パソコンのHDDには多くのデータが入っているのに、クラッシュで一瞬にして使えなくなってしまうことほど耐えられないことはありません。
もし、自分の力でなんとかできるのならなんとかしたいと思っていろいろやってみても何ともならない!
仕方なくデータだけでも取り出してもらおうと思っても、業者に依頼しようとするが、料金が高く、データは諦めて新しいハードディスクの購入を考えたりしてしまうものです。
でも、パソコンから異音がしたからといってすべてがHDDのクラッシュとは限りません。
例えば、FDDにフロッピーディスクが入っていてパソコンがそれを読み込んでいる音で、フロッピーディスクに入っているプログラムが優先されたために「OSが見つかりません」などのエラー表示が出ているのかもわかりません。
しかし、確実にHDDからの異音なら、クラッシュしていることを疑わざるを得ませんね。
HDDの復元、データの抽出を業者に依頼するのが無理という人は、HDDを新たに購入しクラッシュしたHDDからデータを取り出す方法を考えないといけませんね。
ちなみに、業者にHDDの復元を依頼すると、数万円は覚悟しないといけないようです。HDDにもよりますが、新品のハードディスクが確実に購入できるほどの金額になります。
このように、HDDのクラッシュは、大切なデータが消えてしまったり、思いもよらない出費に見舞われたりするものです、こんなことのないように普段から準備しておくことをおすすめします。


スポンサードリンク

ハードディスクがクラッシュしたら関連エントリー

ハードディスクとは
ハードディスクは、内部に高速回転する円盤が何枚かあり、プログラムやデータを書き込んだり読み出したりする記憶装置です。
ハードディスクのフォルダ
ハードディスクにファイルを保存するにはフォルダに入れて保存しましょう。
ファイル名の付け方
ハードディスクにファイルを保存する場合、後で分かりやすいように内容がわかるようなファイル名にしておきましょう。
HDDの電源が切れたら
ハードディスクの書き込み途中に電源が切れると書き込み途中のデータは「ゴミ」と認識されて、捨てられます。
ハードディスクのバックアップ
大事なデータは、ハードディスクとは別の記憶装置にコピー保存しておくことが大切で「バックアップする」といいます。

ホーム RSS購読 サイトマップ