ハードディスクトラブルの対策方法と回避法

HDDの電源が切れたら

スポンサードリンク

HDDの電源が切れたら

ハードディスクトラブル,HDD,電源,衝撃

ハードディスク(HDD)は、増設などしない限りパソコンの中にあり、CDのような円板が高速回転して読み書きする記憶装置です。
ハードディスクは、衝撃などを与えると、壊れてしまうことがあります。
また、ハードディスクは、メモリーに比べると、データ書き込みに時間がかかるので、書き込み途中で電源を切ったりするとデータが保存できないことがあります。
パソコンには、ハードディスクの書き込み中や読み出し中であることを表示するランプがあるので、マニュアルなどでハードディスクの動作時に点滅するランプを確認しておきましょう。
このランプが点滅している時は、ハードディスクが動作していることを表していますので、強制的に電源を切ったり、衝撃を与えたりしないように気を付けましょう。
ハードディスクの書き込み途中に停電などで電源が切れるとどうなるでしょうか。
このような場合、データ保存の途中でハードディスクが止まってしまうことになります。データ保存中にハードディスクの電源が切れた場合、電源が切れるまでに保存したであろうデータが保存されているとは限らないということに注意しましょう。
ハードディスクの書き込み途中のデータは、データとしての形態をなさない場合が多く「ゴミ」と認識されて、捨てられます。
そのため、書き込み途中でハードディスクの電源が切れた場合などは、データ全体が消えてしまうのです。
ハードディスク上のデータは、規則正しく、きちんと全てが書き込まれるか、全く書き込まれないかの二通りしかありません。
通常の操作では、スタートメニューの「シャットダウン」を選ぶことでパソコンを終了させますが、設定によっては、パソコンの電源ボタンを押すことで終了させることもあるでしょう。
このように、正しく決められた手順でパソコンの電源を切ることで、データの書き込み途中でハードディスクが止まるということはありません。
大事なデータをなくしてしまわないためにも、ハードディスクの動きを確認するようにしましょう。


スポンサードリンク

HDDの電源が切れたら関連エントリー

ハードディスクとは
ハードディスクは、内部に高速回転する円盤が何枚かあり、プログラムやデータを書き込んだり読み出したりする記憶装置です。
ハードディスクのフォルダ
ハードディスクにファイルを保存するにはフォルダに入れて保存しましょう。
ファイル名の付け方
ハードディスクにファイルを保存する場合、後で分かりやすいように内容がわかるようなファイル名にしておきましょう。
ハードディスクのクラッシュ
ハードディスクがクラッシュしたら大切なデータが消えてしまったり、予期していなかった出費に見舞われたり、たいへんおおきなそんしつをまねきます。
ハードディスクのバックアップ
大事なデータは、ハードディスクとは別の記憶装置にコピー保存しておくことが大切で「バックアップする」といいます。

ホーム RSS購読 サイトマップ