ハードディスクトラブルの対策方法と回避法

ハードディスクのバックアップ

スポンサードリンク

ハードディスクのバックアップ

ハードディスクトラブル,バックアップ,壊れる,損失

ハードディスクは、ポータブルのCDラジカセと同じような構造の機械だといえます。
衝撃を与えるとCDに傷が付いたり、CDを読むためのレンズの部分が壊れたりするように、ハードディスクも衝撃などで壊れてしまう可能性があります。
ハードディスクが壊れると、保存しているデータが読み出せなくなります、もちろん、ハードディスクへの書き込みもできなくなってしまいます。
パソコンで、こつこつと書き貯めた文章や時間を掛けて集めた写真といったデータが全く使えなくなるのです。
大切に保存しておきたいデータ、また大事なデータは、ハードディスクとは別の記憶装置にデータのコピーを取って保存しておくことが大切です。
このように、大切なデータのコピーを、別の記憶装置に保存することを「バックアップする」と呼んでいます。
バックアップする記憶装置は何でもかまいませんが、CD−R、DVD−Rが一般的によく使われています。
ハードディスクが壊れる原因で一番多いのは衝撃です。パソコンが動いている時には、ハードディスク内部の円盤は高速で回転しているので、少しの衝撃でも円盤に傷が付き壊れるのです。
しかし、パソコンの内部にも衝撃を緩和するための対策は取られているので、パソコン本体への衝撃で簡単に壊れることはありません。
ハードディスクが機械的な部分で壊れなくても、ソフトの部分、つまり、データだけが壊れてしまうということがあります。
機械としてのハードディスクは正常に動作しているのですが、中身のデータだけがおかしくなり読み出せない状態になってしまう場合ですが、ハードディスクを使っている人からすれば、機械としてのハードディスクが壊れようと、ハードディスクに保存したデータだけが壊れようと、どちらの場合も必要なデータが読み出せないというハードディスクのトラブルです。
ハードディスクには大切なデータを保存していることが多いと思いますが、一瞬で全てのデータが消えてしまったら、個人的なデータであれ仕事上のデータであれ、大きな損失であることに変わりはありません。
ハードディスクのトラブルによる損失を最小限に留めるために、こまめにバックアップすることをお勧めします。


スポンサードリンク

ハードディスクのバックアップ関連エントリー

ハードディスクとは
ハードディスクは、内部に高速回転する円盤が何枚かあり、プログラムやデータを書き込んだり読み出したりする記憶装置です。
ハードディスクのフォルダ
ハードディスクにファイルを保存するにはフォルダに入れて保存しましょう。
ファイル名の付け方
ハードディスクにファイルを保存する場合、後で分かりやすいように内容がわかるようなファイル名にしておきましょう。
HDDの電源が切れたら
ハードディスクの書き込み途中に電源が切れると書き込み途中のデータは「ゴミ」と認識されて、捨てられます。
ハードディスクのクラッシュ
ハードディスクがクラッシュしたら大切なデータが消えてしまったり、予期していなかった出費に見舞われたり、たいへんおおきなそんしつをまねきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ