ハードディスクトラブルの対策方法と回避法

ハードディスクとは

スポンサードリンク

ハードディスクとは

ハードディスクトラブル,バックアップ,データ,HDD

最近では、仕事でも趣味でもパソコンを当たり前のように使っています。
しかし、パソコンが働く仕組みや、パソコンの筐体内がどうなっているのかを知っている人は意外と少ないようです。
パソコンの中身や各部の働きを知らないと、パソコンにトラブルが生じた時にどう対処すればいいのか分からないと言うことも多いようです。
パソコンがトラブルに見舞われると、それまでパソコンを使ってしてきた作業のデータ、文書や画像、映像や音楽などパソコンに蓄積した全てのデータが消えてしまう可能性もあるのです。
パソコンには、一時的な作業領域として使う記憶装置であるメモリーと、プログラムやデータといった消えてしまっては困るものを記憶しておくためのハードディスクと呼ばれる記憶装置があります。
ハードディスクは、HDD(あるいはHD)と略して表示されます。
ハードディスクは、内部に高速回転する円盤が何枚かあり、CDやDVDのようにその円盤にプログラムやデータを書き込んだり読み出したりする記憶装置です。ハードディスクドライバー自体の形状はCDなどよりも小さいものですが、最近のハードディスクは高密度化されることで、記憶容量が大きくなっています。
最近では、写真や文章、音楽といったデータをパソコンに入れている人も多く、パソコンで扱えるデータなら、1個のハードディスクにほとんど入ってしまうでしょう。
しかし、1個のハードディスクに全てのデータを記憶させる上で気を付けなければいけないことがあります。
それは、ハードディスクは、パソコン関連部品の中ではトラブルが多い部品だということです。
ハードディスクの中には、高速で回転する円盤があり、円盤に沿って移動する読み書きするための装置があります、これらは、非常に狭い間隔を保って設置されているため衝撃に弱く、外部からの衝撃で壊れてしまうことも多々あるのです。
ハードディスクが壊れると、保存されていたデータを読み出すことができなくなります。
ハードディスクに保存されたデータが読み出せないばかりか、最悪の場合、パソコンが起動しなくなってしまうこともあります。
そのため、ハードディスクのトラブルに備えて「バックアップをしましょう」ということなのです。


スポンサードリンク

ハードディスクとは関連エントリー

ハードディスクのフォルダ
ハードディスクにファイルを保存するにはフォルダに入れて保存しましょう。
ファイル名の付け方
ハードディスクにファイルを保存する場合、後で分かりやすいように内容がわかるようなファイル名にしておきましょう。
HDDの電源が切れたら
ハードディスクの書き込み途中に電源が切れると書き込み途中のデータは「ゴミ」と認識されて、捨てられます。
ハードディスクのクラッシュ
ハードディスクがクラッシュしたら大切なデータが消えてしまったり、予期していなかった出費に見舞われたり、たいへんおおきなそんしつをまねきます。
ハードディスクのバックアップ
大事なデータは、ハードディスクとは別の記憶装置にコピー保存しておくことが大切で「バックアップする」といいます。

ホーム RSS購読 サイトマップ