ハードディスクトラブルの対策方法と回避法

ハードディスクトラブル対策と予防

ハードディスクのトラブルと原因

ハードディスクトラブル,バックアップ,データ,HDD,ファイル名,保存

パソコンは、21世紀になってから急激に普及しています。
どんなに小さな会社でも、一台もパソコンのない会社はないでしょうし、一般家庭でも、一家に一台はあるといわれるようになっています。
パソコンの普及と共に、パソコンは家電化してきているのではないでしょうか。
一昔前、パソコンを個人で持っていると、お宅といわれたり、パソコンでいったい何ができる、ただの高価なおもちゃだと年配の人達が考えていた時代には、パソコンに関する知識のある人がパソコンを使っていろいろなことをしていました。
しかし、現在では、パソコンは家電と同じレベルの電化製品として扱われるようになり、その構造や、各部の働きを知らなくても、また、パソコンソフトも進化し、分厚い説明書を読まなくても直感的に扱えるようになってきました。
しかし、パソコンにはまだまだデリケートな部分があります。
たとえば、このサイトで取り上げているハードディスクはその最たるものです。
ハードディスクも、どんどん改良され、小型で、大容量になり、性能も良くなっていますが、構造上どうしても、トラブルを避けられないものです。
詳しくは、別途ページ内で説明していますが、ハードディスクトラブルの原因で一番多いと思われるのが、衝撃です。
最近のハードディスクは、内部のディスク自体の品質も、駆動部分の品質も良くなっていますが、ハードディスクに電源が入っている間は、内部のディスクは回転しっぱなしになります。
この状態で、外部から、強い衝撃を受けると、ディスクと、読み書きを行うディスクに沿って移動する部分が接触し、ディスクの表面に傷が付いたり、読み書きする部分が破損したりというトラブルになります。
ハードディスクの内部で回転するディスクに傷がつくと、記憶されていたデータが読めなくなります。
パソコンに電源を入れて、ハードディスクが動いている状態で、パソコンを移動させたり、パソコンにショックを与えたりすることは厳禁です。
ちなみに、ハードディスクの寿命は、3年前後といわれていますが、数ヶ月で壊れたという例があるかと思えば、10年以上壊れずに動いているという例もあるようです。
つまり、パソコンの使用環境や、普段のメンテによっては長く使うことも可能だといえます。
このサイトでは、ハードディスクがトラブルで使えなくなったらどうすればいいのか、ハードディスクのトラブルを回避するためには何をすればいいのか、もし、ハードディスクのトラブルに見舞われても、慌てないで済む方法はあるのかなどを掲載していきます。

どうぞハードディスクに関する知識をこのサイトで深めてください。


スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ